2019年スプリンターズS|ダノンスマッシュ

2019年スプリンターズS|ダノンスマッシュ

ダノンスマッシュ
最後まで読めば絶対に馬券にヒントになると思います

スプリンターズSとは?

秋初戦のG1。1200mで開催されるG1。近年はスプリンター路線の馬よりもいろいろな路線からやってくる。

ダノンスマッシュ血統と主な勝利

血統

父-ロードカナロア
母-スピニングワイルドキャット
母父-ハードスパン

主な勝利

2018年 京阪杯
2018年 シルクロード
2019年 キーンランド

2019年 キーンランドC-動画

川田将雅の好騎乗ありましたけど
イメージ的には外枠で上手く差してくる感じなんでしょうね。

ダノンスマッシュ関連ニュース

ヤフーニュースより引用させて頂きます。
馬体面・共同会見・騎手

馬体関連ニュース

【スプリンターズS馬体診断】ダノンスマッシュ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00000060-dal-horse

【ダノンスマッシュ 評価A】

 高松宮記念(4着)の際には全体的に幼さの残る体つきでトモの筋肉が成長途上という印象だったが、全体的に筋肉量が増して体高も少し高くなり、大人の体つきになった。首回りが太く胴が短いので、典型的なスプリンターとしてほぼ完成したと思える。

 肩と前腕の境目が、くっきりと分かるぐらいに肩の筋肉が盛り上がっているのはいつも通りだが、高松宮記念当時に比べると馬体の張りは明らかに今回の方が上だ。季節の違いはあるが、毛ヅヤも雲泥の差。引き続き好調だ。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F52秒5-38秒1-12秒0(仕掛け)。全身を大きく使ってダイナミックに登坂。ゴール前も軽く伸ばした程度で抜群の反応を示した。気配は絶好。

共同会見関連ニュース

【JRA】ダノンスマッシュ川田騎手「いい状態で本番に向かえるのではないか」/スプリンターズS共同会見
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00000517-sanspo-horse

■ダノンスマッシュに騎乗予定の川田将雅騎手

――前走のキーンランドCで初めてダノンスマッシュに騎乗しています。印象は?
川田 ゲートを上手に出てくれて、その後は行く馬を行かせて、いいとは言えないかたちで競馬を進めていったのですが。4コーナーもだいぶ外に張り出されるかたちになりましたし、それでもしっかりと勝ちきってくれたというのはこの馬の能力だな、と感じました。

――この馬のストロングポイントは?
川田 穏やかでしっかりと競馬を組み立てられるところが一番いいところなんじゃないかと思います。基本的にそんなにうるさい馬ではないので、穏やかにいろんなことをこなしてくれるのがいいな、と思います。

――今朝の追い切りに騎乗された感想は?
川田 札幌の時より馬はだいぶしっかりしてきました。いい状態で本番に向かえるのではないか、と思います。

――今回、中山コースでの競馬になります。
川田 特に心配しておりません。

――最後にひとこと。
川田 キーンランド以降も順調に来れていることを感じましたし、いい状態で本番を迎えられると思います。強い馬もたくさんいますけれども、期待してもらえたらと思います。競馬の当日、楽しんでいただけたらな、と思います。

(取材・文:花岡貴子)

調教関連ニュース

ダノンスマッシュ川田背に軽快/スプリンターズS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-09250303-nksports-horse

<スプリンターズS:追い切り>

29日に中山競馬場で行われるスプリンターズS(G1、芝1200メートル)に出走するダノンスマッシュ(牡4、安田隆)が、25日、栗東坂路で川田騎手を背に追われ、軽快なフットワークを披露した。川田騎手は「札幌のときよりも馬がだいぶしっかりしてきましたし、いい状態で本番を迎えることができるのではないでしょうか」とコメントした。

前走は高松宮記念以来5カ月ぶりのキーンランドCで勝利。能力の高さを証明した。安田隆師は「ジョッキーもいうことなく乗ってくれて、外を回って押し切る強い内容だったと思います」。今回は中山に舞台が変わり、中4週でG1を迎える。「坂路でもしっかり動いているし、坂があったほうがいいのではないか」と初の中山コースも問題はなさそう。父ロードカナロアと同様に4歳のスプリンターズSでG1初勝利なるか。

ダノンスマッシュを注目データ

2016年~のデータ
1着-2着-3着-着外/全体(単勝率-複勝率)

中山競馬場芝1200mデータ

1) ロードカナロア産駒
3-0-4-18/25(12%-28%)

2) 川田将雅
3-1-0-4/8(37%-50%)

スプリンターズ
ダノンスマッシュ買いですね。

2019年ローズS|ダノンファンタジーを買うべきか買わないべきか?

2019年ローズS|ダノンファンタジー

ダノンファンタジー
最後まで読めば絶対に馬券にヒントになると思います

ローズSとは?

秋華賞のトライアルです。本番の秋華賞よりも200m距離が短いです。
夏使った組と春の活躍組が同居する面白いレースです。

ダノンファンタジー血統と主な勝利

血統

父-ディープインパクト
母-ライフフォーセール
母父-Not For Sale

主な勝利

2018年 ファンタジーS
2018年 阪神JF
2019年 チューリップ賞

2018年 阪神JF-動画

Cデムーロの好騎乗もありましたけど
外を一気に
桜花賞 4着
オークス 5着

ダノンファンタジー関連ニュース

ヤフーニュースより引用させて頂きます。

ダノンファンタジーには不吉なデータが… ローズS「推し」の1頭【ローズS】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00010000-umakeiba-horse

2歳女王ダノンファンタジーを筆頭に、桜花賞2着馬シゲルピンクダイヤ、フローラS勝ちのウィクトーリアなど、今年も少頭数ながら好メンバーが集まった。本番に直結する重要な一戦をデータ面から紐解きたい。

春の実績馬が中心
 例年、春の実績馬とひと夏を越えて力をつけた上がり馬が激突する形となるが、ここでは前者が優勢。まずは過去10年の前走クラス別成績を見ていきたい。

■前走クラス別成績(過去10年)
GI〔8.4.2.47〕
GII〔0.1.0.2〕
GIII〔0.0.0.3〕
オープン特別〔0.1.0.4〕
2勝クラス〔0.1.7.22〕
1勝クラス〔2.2.1.32〕

 前走GI組が中心的存在で、特にオークス組が〔8.4.2.34〕と好成績。本番に向けてひと叩きの意味合いが強い組だが、それでも新興勢力を返り討ちにするケースが目立つ。そこで今回はオークス組の取捨を考えていきたい。

■オークスでの着順別成績(過去10年)
1着〔3.1.0.3〕
2着〔0.2.0.2〕
3着〔2.0.0.2〕
4着〔2.0.0.1〕
5着〔0.0.1.3〕
6着以下〔1.1.1.23〕

 オークス組は着順がポイントとなり、4着以内だった組が合わせて〔7.3.0.8〕と好走傾向にある。今年はウィクトーリアが唯一この条件をクリアする。今回人気を集めそうなオークス5着馬ダノンファンタジーや同12着のシゲルピンクダイヤにとっては気になるデータと言えそうだ。

■オークスでの上がり3ハロン順位別成績(過去10年)
1位〔3.1.0.3〕
2位〔0.1.0.2〕
3位〔3.1.0.2〕
4~5位〔1.1.1.5〕
6位以下〔1.0.1.22〕

 オークスでの上がり3ハロンがメンバー中3位以内だった組が合わせて〔6.3.0.7〕となる。オークスで速い上がりを使えなかった馬は、ここではやや信頼度が下がりそうだ。今年は前項と同様にウィクトーリアが唯一条件をクリア。

 着順、決め手の両条件を満たし、加えて今回、騎手の乗り替わりがなければ〔5.3.0.4〕。単勝回収率185%、複勝回収率111%で狙い目となる。これを満たすウィクトーリアを馬券の軸に推奨したい。

推奨馬
ウィクトーリア

【ローズS】厩舎の話 ダノンファンタジー・猿橋助手「芯が通ってしっかりしてきました」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00000517-sanspo-horse

◆アルティマリガーレ・佐々木師 「上がりだけもキレッキレ。引っ掛からないので距離は問題ないと思う」

◆シゲルピンクダイヤ・渡辺師 「落ち着きがあっていいですね。気難しいけど、真面目に走れば十分やれます」

◆シャドウディーヴァ・斎藤誠師 「オーバーワークにならないようにしまい重点の内容。阪神外回りはいい」

◆ダノンファンタジー・猿橋助手 「コントロールの部分を確認しました。だいぶ芯が通ってしっかりしてきました」

◆ビックピクチャー・藤原英師 「動きはまずまず。使ってきていて体は少し減っているかも」

◆ビーチサンバ・友道師 「若干太めかなと思ったので、長めからやった。伸び伸び走っていていい動き」

◆ベストクィーン・西橋師 「動きはまずまずで状態は変わりない。どれだけやれるか」

◆メイショウショウブ・池添兼師 「馬の感じを見ながらやった。落ち着いてくれたら1800メートルも問題ない」
 
◆ラシェーラ・笹田師 「折り合いがついて上がりの時計もよかった。体は少し成長してパワーアップしている」

ダノンファンタジーを買いたくなるデータ

2016年~のデータ
1着-2着-3着-着外/全体(単勝率-複勝率)

阪神競馬場芝1800mデータ

1) ディープインパクト
50-34-37-171/292(17%-41%)
圧倒的な勝利数と複勝率の高さ

2) 川田将雅
18-16-15-43/92(19%-53%)
Mデムーロ・ルメールに匹敵する成績

3) 川田将雅&中内田充正
3-1-2-4/10(30%-40%)

ローズS
ダノンファンタジー買いですね。